介護施設の費用について

介護施設で必要な費用

介護施設や属性で金額は異なる

老人ホームへの入所を検討する際に最も気になるのは金額ではないでしょうか。施設に入所する際には入居一時金や敷金などのまとまったお金が必要になり、月々でも家賃や食事、サービス料などが必要となるため、長期間安心して生活する為には金額は非常に重要です。必要な金額は施設の種類や利用者の身体状況などの属性によって大きく変わります。特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護保険施設では入所時のお金は必要ありません。月額利用料として介護保険料の自己負担分や家賃、食費、オムツ代などが必要になります。要介護度が重度なほど利用料は高くなりますが、介護保険による補助や所得に応じた居住費や食費の補助が受けられるため、所得が低い人でも利用することが出来ます。これらの施設は費用の面では恵まれているものの、入所条件が厳しく入所するのが難しいという特徴があります。民間が運営する有料老人ホームでは、入所一時金や敷金が必要となる場合が多いです。その金額は幅広く、豪華なホームでは1億円程度必要となるところもあります。近年はサービスの差別化が進んでおり、入居金が必要ないホームも増えてきています。利用料は毎月の支払いとなるため、入退所がしやすいというメリットがあります。

介護の深い情報

↑PAGE TOP